CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
本棚
MOBILE
qrcode
<< あけましておめでとうございます | main | あったかデザート >>
ガラスのこと

年が明けて、あっという間に半月が過ぎました。
朝のキーンと冴えた空気を吸い込むと、冬だなあと改めて感じます。

窓ガラスも外の寒さと蒸気でほんわり曇ります。
曇った窓越しに見る景色は少しにじんでいて、
彩の少ない冬の庭も素敵に見えてきます。

ぽたりの建具のガラスは、できるだけ古いガラスを使用しています。
お客様の中には、古いガラスが好きなので、
お家を新築や改装される時に、使いたいといわれる方もいらっしゃいます。

モールガラスとチェッカーガラス

昔はたくさんあったモールガラス、チェッカーガラスですが、
現在ではあまり見かけなくなりました。

戦後しばらくは日本でも作られていたそうですが、
現在では、一般に流通している模様ガラス輸入品のみになったとのこと。

模様ガラス以外にも、昔のガラスは、製造技術の関係で、
ゆがみがあって、なんともいえない味があります。

少し、時代は新しくなりますが、
高度成長期の時代までは、国産の模様ガラスもたくさん作られてます。
この頃のガラスは、まだまだお家で見かける事もあるかもしれません。
ぽたりにも少しだけ。

今では、まったく作られていないのですが、
資料を見ると、商品名がかわいらしいものも多くて、レトロで良いなあと思います。
「きらら」「こずえ」「銀河」などなど。
ぽたりの洗面所にあるのは「のみち」です。

型板ガラス

戦後は技術の革新で、まっすぐでゆがみの無いガラスが生産される様になり、
大量に、安く供給する必要もあったのでしょう。
手間や、人件費のかかる製品は淘汰されてしまいました。

ガラスだけでなく、その他たくさんの生活用品もですが、
昔の方がたくさんのデザインがあったと思うと残念だなあと思います。

どこかで、古い建物に出会う事があったら、
素敵なデザインのガラスを探してみてくださいね。

| その他 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.potari.gonna.jp/trackback/116
トラックバック